趣味

DIYスピーカーのエッジ再生

息子がネットで中古のSPを買ったのだがしばらくしてから捨てると言いだした。

捨てるなら私が使おうと鳴らしてみると低音があまり出ないしビビり音が出てしまう。おかしいなと思いフロントネットをはずしてみるとなんとエッジに穴があいている。穴があいた部分に手を触れるとボロボロと簡単に崩れて穴が大きくなってしまった。どこまで崩れるかとさわっていくとなんと全周が崩れ落ちた。

メーカーはオンキョウでD-202A Ⅱと表示されている。とりあえず直すべきかどうかを見るためにSPボックスからSPユニットをはずしてみる事にした。

同径のスピーカーを付け替えて使ってみようかなどと考えていた。以前に某大手メーカーのスピーカーをばらした時に実に貧弱な作りのユニットが出てきた事があったので今回もそんな事だろうと思っていた。それならパイオニアのSPユニットに交換してみようかなどと。

ところがびっくり、ボックスから出てきたユニットが実にしっかりした作り。さらにボックスの中の作りも補強などしっかりした作りにさらにびっくり。それなのになぜエッジだけがこうもボロボロになったのか。どうやらマニアックなメーカーらしくエッジのストレスを減らそうとエッジをごく薄に作ったようだと分かった。

それならばとDIY精神を発揮してエッジを再構築してしまおうと考えた。

やはり参考はネットである。先駆者の事例を参考にしてエッジ部分の自作に挑戦した。ユニットの状態は下の写真

002

004

まずはエッジの型作りから始めよう。エッジの寸法を取りお菓子の空き缶をベースにポリエチレンのコーキング用バックアップ材を半分に切って円形に貼り付けた。

001

上の写真のようにエッジのふくらみを再現してそこにガーゼを置き変性シリコンコーキング材をウレタンシンナーで薄めて塗りやすくして塗付した。

001_2

三回ほど乾かしては塗りを繰り返して完全に乾くのを待って型からはがしたのが上の写真。変性シリコーンを使ったのにはわけがある。そうでないと接着が効かないし色も塗れない。この出来上がったエッジを後はきれいにのり白を取って切り出し張り付けるだけである。接着は最近はやりのスーパーセメダインなるもの。ゴムノリよりよかろうとただそれだけの理由で採用。

出来上がりは次の写真だ。

本当はエッジは黒なのだが白いエッジもなかなかかっこいい。そのままにする事にした。

じっさいに鳴らしてびっくり本来はこんなに低音が出るものだったのかと。あまりどんどかやっていたら家族から大ブーイング。いい加減にせいよと息子からきついお達し。そんなこと言ったってテストはしてみなければわからない。とりあえずは苦情が出るほどよく出来たのだと納得しておしまい。

001_3

わずか千円たらずで生き返ったSPをホームシアターのメインSPとして楽しんでいる。家族の顔色を見ながらボリュームを上げて。

トマト全滅それだけではない異変?

 今年はやられてしまった。

去年までは決して氷点下には成らなかった。しかし今年は違った。

水道が凍るなどもうこの十数年経験したことが無かったのだが。皇居のお堀に氷が張るなど温暖化が叫ばれてから一度もない事が起こってしまった。

油断した。

残念ながら去年の様に2月のトマトを見ることはできませんでした。002

一日でこのようなありさま。

005

鉢植えのミニトマトも完全に枯れてつけていた実を落としてしまった。青々しているのは寄生した野草である。

ある意味正常な季節感に戻ったとも言えるのだが。それにしても変化が激しすぎる。

実はあるサイトで変なうわさを聞いた。

北極圏のイヌイットの人々が太陽の沈む位置が大きくずれたと言っているという。

そんなおりこんなニュースが入りました。

The sun rises two days early in Greenland, sparking fears that climate change is accelerating
By Daily Mail Reporter



Read more: http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1346936/The-sun-rises-days-early-Greenland-sparking-fears-climate-change-accelerating.html#ixzz1BT7hSUQ1

デイリーメール誌が1/14日づけの報道で、歴史始まって以来初めてグリーンランドの太陽が上る日が2日も早まったと伝えています。

例年その日は1/13日でしたが今年は1/11日に太陽が昇ったとのこと。ポールシフトはヨシュアの時代(聖書)にも起きた事があるようなのでいきなり世界が崩壊などとはならないと思いますが、天候の変化は大きくなることが予想されるので要注意であることには変わりがありません。

今後もいろいろ異変が起きてくるとおもいますが、その事によって必要以上におびえたりしないようにしたいと思います。

さてさてほんとかよと思っていたらドッキリです。

次の写真をご覧ください。これを見ておかしい事に気付きますか。影と北を指す針の位置です。

夜でも見えるように北を指すところに夜光塗料が塗ってあるのですが。その位置が180度ずれているのです。

001

北を指すはずの針が南を指している。 「そんなバカな」

日の陰でどちらから日が射しているかお分かりですね。

これはたぶんしばらくしまっている間に強力な磁石か何かを近づけてしまってくるってしまったのだろうと思うのですが。

こんなニュースを見て心配になり磁極で検索すると予想を超えた事実が判明。実際に磁極がこの一年で60キロもずれたのだとか。

でもこの方位磁石は反転してしまっています。まさかですよね。

みなさんお手持ちの方位磁石は異常ありませんか。

またこうした状態を治す方法をご存知の方いませんか。普通に磁石をちかずけても反転しないようなので。

002_2

2011 あけまして おめでとうございます!

2011 あけましておめでとうございます

028

今年も富士山から。みなさんにとって今年がよい年となりますように。

 003

さてトマトの現状です。 これがクリスマス前後の状態です。葉っぱもクリスマス寒波の霜を受ける前の状態で藍青とした状態。

006

収穫して食べてみました。

013

とりたてはまだ赤く成りきる前に、鳥に食べられる前に収穫してしまう事に。前日とった赤くなったトマトを切って食べてみました。

うん、おいしい普通のトマトです。収穫できるまでほぼ2カ月もたっているのでほんとに食べられるのか心配でしたが何の問題もない味です。003_2

一番大きくなったトマトもついに赤くなり始めました。

しかしながらこの冬将軍は強烈。屋根の下になっていない葉っぱがみな霜でしおれてしまいました。この状況からどうなるのか観察を続行です。

屋根の下の枝はこんな状況。

006_2

霜に討たれた葉っぱは。

004

楓の葉もみな落ちて何も保護するものが無くなりました。実の方は寒波や雨にも耐えて落ちることなく、成長も夏ほど急激でないせいか雨に当たっても割れが少ないようです。

今回はお正月にとれたてトマトを食べる事が出来る事になりました。

ラッキー!

みなさんにもこれから一年良いことが続きますように。

トマトが赤くなった

なんと急にトマトが赤くなった。

ただし、夏場のように濃い赤にならない。とりあえず赤くなり収穫はできそう。

これも報告しておこうと写真を撮った。

001

やはりおてんとさんの力はすごい。それにしても真中の中ぐらいのやつから赤くなったのはどうしてなのだろう。

隣の大きな方もいくらか色づいてはいるのだが。

大きなものから赤くなるかと思いきやちがっていた。実になった順番は根に近い方からだと思ったのだが。

004

夏場の極端な高温にたえたトマトたち。ミニトマトの方も同じように赤く成りだした。

こちらは夏場と違ってブドウの房のようにはならない。虫に食われたりいろいろ苦難に直面。

それにしてもどうして同じ時期に赤くなるのか不思議。

トマトにもシンクロニシティーみたいなものがあるのだろうか。それとも花が咲いてからこれぐらいでというタイマーみたいなものがあるのだろうか。

005

この二にトマトの後ろの枯れた葉は夏場に茂っていた葉である。同じ幹に生えていながら世代交代している。或る意味今茂っている葉は二代めになるわけだ。

一番大きくなったトマトは今はまだ色づかない。それも不思議なのだが。

やはり根に近い方から赤くなっていくのだろうか。

006

大きさは7センチほどになっている。

クリスマスまでにはそれでも赤くなりそうな気配がある。

水耕栽培の装置にも工夫が必要かもしれない。

最近噴霧するための穴がよく詰まってしまう。そうした事を克服しないと全自動式にはならない。

詰まる理由はやはり古くなった根が渦のようになっている。それがちぎれてポンプに吸い込まれてしまうようだ。

12月のトマト

 さて 水耕トマトの現況報告です。とくに大きな変化はありません。

楓の枝に絡みつくように伸びたトマトの枝に実ったトマト。低気圧の通過で強風が吹き楓の色づいた葉っぱをほとんど吹き飛ばしてしまった。その為いい具合に太陽の恵みをいっぱいに受けられるようになってきた。

012

現在の大きさは次の写真で分かると思う。013

015

さらにいくらか色づいてきたかも。しかし冬のトマトっていつ赤くなるのかな。

014

しかし このまま伸びていくと赤くなったトマトの収穫はハシゴガ必要になりそうだ。それもちょっとこまるのだが、どうなります事やら。今回は自然条件になるがままにする事にしている。このトマトの自然な癖とでもいうものを理解したいからだ。

その癖がわかった上で誘引や選定を試みてみようと思う。今はある意味実験段階だと思う。006

ナスはもう元気がなくなってしまった。それでもまだ実を付けている。気温の変化が見事に成長に現れて面白い形になった。

008

011

こちらは買ってきて2回食べた後の3度目に伸びてきたとうみょう。ハイポニカを与えたら何度も収穫できるようだ。

もともとが水耕栽培の物の様できれいに葉っぱを残さず切ったのにこのような状態になっている。植物の生命力はほんとに強い。

ベランダ栽培は1坪足らずの面積で楽しむ事が多いと思うのだがそれでもやりようによっては実際の生活に役立つ収穫が得られる事が分かる。我が家は7人家族なのだが今回ナスなどは充分楽しめた。

さらに現在の水耕トマトだが実際に収穫段階になれば家族の必要分は賄えそうである。たった一本のトマトなのにだ。016

さらにご覧のように;次から次えと花を付けている。真夏の暑い時期には全く実を付けられなかったトマト。それが冬に向かってこの元気さ。冬のトマトにとっては温暖化もアリなのかな。

秋のおとずれ

やっと秋らしくなってきました。

東京の市街地にある我が家にもめずらしくアキアカネが訪問。こんな小さな緑の塊にも飛んでくるようです。しばらくトイの上にとまり羽を休めていました。しばらく写真を撮る私をギロリと睨みながらも飛び立たず。よっぽど疲れていたのかな。邪魔をしないように離れていたらどこかに勢いよく飛んで行きました。

006 009

他にもめずらしい訪れ。ケサランパサランて知ってますか。台風接近の様な強い風の中トマトの葉っぱの間で風をよけしがみついて飛ばされないようにしていたのを発見。

本当は何かの種を運ぶ羽毛かなと思って近所を探してもそれらしき植物が見当たらず。直径が3センチ以上あるのでアザミやタンポポではないようです。

007

不思議なのはビンの中に入れておいたら小さな子供が出来ていました。カビの様なものなのかビンの中で増えたりするようです。

この写真の状態でふうそく8mほどの風に飛ばされる事もなくつかまっていました。

さて、トマトとナスですが元気よく育っております。ナスはどんどん大きくなりおいしくいただいております。一方トマトの方はおもしろい事が起きています。なんと楓の葉っぱの間でだけ実を付けているのです。もっと日のあたる場所があるのにどういう事なのか。状況は下の写真。

003 004

ナスの状況はこちら。ベランダ菜園は順調です。それに引き換えドームの方が止まっております。いろいろ考えてはいるのですが状況が許さず残念。

010

勢いづいたトマトにナス

 特にナスはよく実を付けてくれています。こちらも肥料は液肥のハイポニカになりました。

あれこれ替えるのはめんどくさいので結果良ければそれで良しと。009

秋ナスはおいしいですね。特に漬物にしたりすると味が濃くなるようです。

008

今年は1っ本だけ植えたのですが7人家族には少々足りないようです。

来年は3本ぐらいは植えてみようかと思っています。とりたてナスの味をしめてしまいました。

さてトマトの方ですが、水耕栽培の液肥の温度が40度を超えるありさまだったため。実を付けるどころではなくやっと生き延びた感じでした。さらに追い打ちをかけるように虫の害が出てしまいました。枝の中の柔らかいところを食い荒らすだけでなく。やっとできた実には穴をあけ中に侵入。その犯人をやっと見つけました。

002

何の幼虫かまだ調べていませんが。朝早く窓辺ににぎやかな小鳥のさえずり。たぶんこの幼虫を食べに来ていたのでしょう。被害が少なくなるに従い小鳥の声も遠のきました。できるだけ無農薬で育てたいので小鳥たちやありがとうと感謝 感謝。

013

時期外れのミニトマトも虫に食べられながらいくつか赤く色づきました。また水耕栽培の大玉トマトの方は新しく実を付け始めました。枝がベランダから楓の木の上まで伸びていきそこで実を結んでいました。雨に当たると実が割れる種類ですから今後どうなりますか。

今現在の状況はこんな具合。

010_2

011

さてどうなりますか。

久しぶりに...

本当に久しぶりの更新になった。そうなった理由はたくさんあるが今は語らずでおこう。

それよりもベランダのトマトとナスの状況だ。この夏ベランダは連日35度を超える高温に成っていた。ちょうどミニトマトの枝が天井裏の換気を行う軒天の換気口の近くまで伸びた。その枝が噴き出す高温の空気のためにチリチリになって枯れた。その温度を測ると温度計は簡単に60度を超えていく。これはいくらなんでも無理がある。

その時期は花も咲かず実も成らず。やっと命をつないでいるといったところだった。そればかりか虫も大発生。若い枝の中身を見事にくりぬいて食べてしまう。いまも姿の見えないその敵はどこかに潜んでいるようだ。昼間の明るい時間帯には姿が見えない。

それでも植物の生命力は大したものだ。そんな状況でもあきらめずに肥料をやり、水を与え続けていたら、気温が一気に下がると復活だ。特にナスは元気いっぱい。高温化でも実を着けていたぐらいだったが。再びたくさんの花をつけ実を生らし始めた。003

秋ナスの初物が2個、さっそくミョウガとナスの塩もみサラダを作り食べてみた。 うまい!。

てまえみそだがナスじたいに甘みとうまみがいっぱい。これはうまい。

010

001

これは大成功だった。お酒を飲む人にはたまらない一品だ。

さてトマトの方だが虫に食われ若枝を失いながらそれでも新たに枝を伸ばす。そして花を再びつけるようになり、小さな実をつけだした。

006 005

水耕トマトも水温が40度を超える騒ぎになりお風呂にづっと使ったような日々を過ごしてきたのですが何とか危機を脱して元気を取り戻しやはり小さな実を着け始めています。今後どうなっていくかじっくり見守ります。

さてこれらとは別にイチゴの植え替え時期にもなってきましたそちらもしっかり世話をしなければ。

トラブル続きの水耕栽培

001 これはミニトマトの台風前。

下の写真はその一日後。気温が下がるといっきに実が赤くなる。高温が続いている間はなかなか赤くならなかった。その為か食べて見ると中の種が大きい。本来はもうとっくに赤くなっていてよかったのかもしれない。014 003 ナスの実の成長もいちじるしい。一日置くとご覧の状態、いっきに膨らみ始めた。このように鉢植えの物はあまり台風の雨などの影響はほとんどない。

016 ところが成長著しい水耕トマトはご覧のようにぱっくり割れている。今までのトマトも雨にあてると割れが入ったが、こんなすごい割れ方は初めてだ。そしていっきに赤くなった。

013 すごい割れ方だ。010 まるで破裂したかのようにいっきに裂けている。これに比べると鉢植えのトマトは何の影響も見せていない。同じ大玉トマトでも品種が違うせいなのか。それとも別の要因があって水耕栽培はハウスの中でのみ成立する栽培方法なのかもしれない。次の写真は鉢植えトマトで成長もそこそこだ。

015正直省力化が可能のはずの水耕栽培だが、装置に使う部品の信頼性が問題になる。相手は生き物なので機械のように壊れたら部品を取り換えれば元道理とはいかない。今回は24時間タイマーが動作せず。

一日ずっと水を噴射しなかった。その影響がもろに出た。台風の風の影響を受けた側支が固くなって簡単にもげた。さらに花が落ちてしまった。またしばらくこのトマトは養生が必要になる。割れた実はもう摘み取ることにした。

トマトも熱中症?

 ご近所の所ジョージさんがといっても1キロ以上離れていると思うが(笑)。熱中症で倒れられたとのこと。ニュースを見て驚いた。その同じ日に私の水気耕栽培装置の液肥温度が大変なことになった。

ななんと、湯気が上がってお風呂のよう。装置のふたを開けるとむっとする蒸気が。おそるおそる手を入れるとお風呂の適温になっている。明らかに40度を超えている。これは大変。あわてて装置のふたにスペーサーを挟み扇風機を持ち出して風を当てた。

確かトマトの成長は30度が限度と何かに書いてあったはず。それが証拠に鉢植えのミニトマトが成長を止めてしまい、あんなにたくさん実った実が赤くならずにそのままに成っている。液肥がお風呂状態になっているのに気づいたのが夕方。昼間の一番熱い時間にはいったい何度になっていたのだろう。

今回はこれで終わりかもしれないとがっかりしながらも新しい液肥をプラスして液温を30度台に戻し様子を見ることにした。三日後にトマトの実の寸法をとってみた。約五センチの直径、写真に撮った。他のトマトやナスも記録した。8月7日の写真だ。014 017 018

次の写真が本日8月8日の写真だ

005 006 007

一番上が水耕栽培のトマト、真中が鉢植えのトマト、三番目がナスの実である。たった一日の変化だが明らかな違いが分かる。一番成長著しいのがナスだろうか。二番目の鉢植えトマトはほとんど変化なし。水耕栽培トマトはお風呂並みの液肥温度にも耐えて明らかに成長している。驚きの生命力だ。一日で直径5ミリは膨らんだろうか。

5月から植えている鉢植えトマトの幹の太さが約2センチ。水耕栽培で7月13日から始めたトマトの幹の太さがもう2センチを超えた。さらに鉢植えにはない成長の仕方をしている。根っこの直上から複数の幹が出てきている。さらに根の伸び方がすごい。ハイポネックスの時はあまり伸びなかった根も今は写真のようになっている。004 026 023

より以前の記事一覧