« 7月初めの水耕トマト | トップページ | ボーっとしてんじゃあねーやー »

7月のトマトと時事

 月半ばのトマトは思うほど成長が進まない。何が原因かはわからないのだが今回入手している液肥が本物の正規品なのかと心配になってきた。前回のものと切り替えたとたんに状況が悪くなったからだ。
最近は安いからと単純に選んでいるとトンデモないものをつかまされることがよくある。今度は大塚に代えてみようかな。

ミニトマトの方はもう収穫が始まります。今のところは一日一人分ぐらいだが花の咲き方を見ているとこれからは家族で消費しきれなくなるかも。

Imgp4958

大玉の方はまだ先になりそうだがそれでもかなり大きくなってきた。

Imgp4961

かたちもいいね!

 ところで話は変わります。本当に教育とは恐ろしいものでそれは一時的なマインドコントロールなど足元にも及ばない大きな力だと最近思うようになってきた。

多くの国民は東大生を始めとして現在の教育によって徹底的に弱体化させられている。製造業に関しても昔は常識だったことも失われて簡単に壊れるものを作ってしまったりしている。応力集中などあることは知っていてもそれは頭の中の知識。想像力の欠如と思考力の低下によって現物に投影できないでいる。この現象は航空機製造や新幹線、あるいはロケット部品などあらゆるものに表れているようだ。

私はニュースの中に出てくるたった一言からその真実性や裏に隠れた真実を見抜く訓練をしてきた。そのため若い時からマスコミ嫌いで知られていた。あまりにもその中に嘘が多いことを知っていたからだ。

学生の頃皆が研究室を選んで自分の進路を決める時期になった。私はフォンブラウン博士がかつて語った新しい効率的な機関の話を見逃さなかった。それは明らかに重力機関のことを意味していた。そこで皆さんがよく知っているあのノーベル賞を取った教授にお願いした。


できれば重力機関関係を研究している研究室に入りたいと。一般レベルの人はそんなSFまがいのような物があるはずがないと。それが教育による常識だ、確かに日本にはなかった。


その教授の答えは笑いもせず真顔でこう答えた。
「きみね、その手の研究は日本では禁止されているんだ。」「アメリカが絶対に許さないんだよ」

その場にいたほかの教授も真顔でうなづいていた。


この話を疑う人は多いだろう。でもこの国の真実をそれなりに理解している支配者層はだれも疑わない。

みなさんはイギリスのメイ首相が就任早々に温暖化対策庁なる役所を廃止したことをご存知ですか。その意味することをさっと理解できましたか。そこが問題です。

アメリカの国務長官の重要発言。日本に横暴な発言をするある国に語った一言「日本は一晩で核武装できる国だよいいかげんにしときな」。この一言は日本国民が等しくひっくり返るほどの大きな意味を持っているが誰も気づかないんだろうね。


ある自民党議員が国会で名指しである官僚を追求した。地震兵器だなんだとSFまがいの話を吹聴している官僚がいると、それに対するその官僚の答弁は「地震兵器並びに気象改変兵器の開発研究は世界の常識です」

国会議員でもお花畑の平和ボケが大勢いることは本当に嘆かわしい。


私は日本の大学に失望し大学は卒業せず。資格は高卒だが大卒でもほとんどとれない資格と身分は持っている。それは学校の勉強を一切せず自分の勉強ばかりして真実を追い続けたからに他ならない。



 

« 7月初めの水耕トマト | トップページ | ボーっとしてんじゃあねーやー »

水耕栽培装置の自作と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137631/73854459

この記事へのトラックバック一覧です: 7月のトマトと時事:

« 7月初めの水耕トマト | トップページ | ボーっとしてんじゃあねーやー »