« 6月のトマトの成長とアース | トップページ | 7月を前にして »

6月半ばのトマト

 前回の記事にあったように急に元気になって伸び始めたため栽培だなと雨除けを作らなければならなくなりました。


前回同様にお金をかけずに良いものを作ろうとのコンセプトを守ってコンクリートの床を補強する目的の鉄筋メッシュを流用することに。一枚400円ほどのものを加工して使いました。

雨除けは前回の屋根に使ったものを塗装し溶接加工によって生まれ変わらせました。

棚のメッシュは150角ほどあって手が容易に上に伸ばせますし5ミリほどの直径があるため非常に丈夫です。

Imgp4430

前回に比べると実にすっきり出来上がっております。手前側が上がっているのは下が階段になっているため頭が閊えないようにしました。

これらの工作に使った材料がやっぱり軽天材なんです。これだけ作って2千円足らず。使うのやめられませんね。

Imgp4434

すごい成長でしょう。

これ一本立てじゃあないんです。4本枝を伸ばしているんです。

Imgp4435

これは二番果になります。その上は次の写真。

Imgp4437

今回は一本だけを伸ばしすぎないように調整していくつもりです。伸ばし
放題にするにはベランダだけでは面積が足りないようです。いつも思うのがこれがたった一本の苗から育つのだという現実です。

お金が一番かかるのが肥料かな。それでも年間5千円かからない。月当たり400円ほど。楽しませてもらっておいしい採りたてトマト、それも完熟、たまりませんね。

もう一番果はおいしくいただいてしまいました。


« 6月のトマトの成長とアース | トップページ | 7月を前にして »

水耕栽培装置の自作と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137631/66071478

この記事へのトラックバック一覧です: 6月半ばのトマト:

« 6月のトマトの成長とアース | トップページ | 7月を前にして »