« お正月まじかのトマト | トップページ | 2月のトマト »

2016 1月のトマト

今年は明けましておめでとうとは言わないことにいたします。


 そのように言っておめでたくなった年が昨今ありませんでした。そこで今年はあえてそう言いません。日本に対するNWO某国による軍事核攻撃とその属国支配が完了するまでは。

そう言ってもほとんどの人は何を言っているかチンプンカンプンでしょうね。大手メディアの発信する情報しか知らない人にとってはこの国はまだ平和に見えるのでしょう。

 

さて愚痴はこれぐらいにして本題に。
1月のトマトは大雪と氷点下の気温によって打ちのめされています。12月中に取ったトマトは下の写真のようです。

20151205_104458_0025

20151212_82959_0002

Imgp4321

雪が降るまではこんな状態だったのです。

しかしその後は。

Imgp4319

Imgp4325

Imgp4333

カバーのない直接雪や霜に当たった部分は御覧のあり様。屋根まで伸びていた部分は切除しました。

それでもそのほかの部分はまだ生きています。

そこで表の部分の実は青いままで収穫することにしました。

それでも残った部分はこんな感じです。

Imgp4334

収穫したトマトはかごにいっぱい。

今日の分と前回収穫して食べ残ったバケツの分があります。

Imgp4339

両方を一つにして約100個ほどもあります。それがこの写真。

Imgp4341

青い実はそのままでも食べられますが過熱して調理すると味が濃くなり美味です。それにしてもどうやって食べつくしましょうか。

« お正月まじかのトマト | トップページ | 2月のトマト »

水耕栽培装置の自作と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137631/63634519

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 1月のトマト:

« お正月まじかのトマト | トップページ | 2月のトマト »