« 今年も本栽培開始 | トップページ | GW無しの私 »

4月の水耕トマト

この水耕栽培装置の2年目となった。

4月の桜の時期に必ず来るはなびえを今回もやり過ごすことができたようだ。

今年はなんと雪がちらつき0度近くまで気温が下がった。

まだ小さかったトマトの苗は確実にダメージを受けて萎れていたが、ほんの少しの陽の力で生き返った。

太陽の力は偉大だった。

今回もそうなのだがこの水耕栽培を始めてから毎年なんらかの大きなドラマに遭遇している。そのたびに思うのだが本当に面白い。つくずくそう思う。

もっと若いときに始めていればとちょっと悔しい気持ち。

トマトの状況は写真のような状態だ。ホームセンターで売り出し始めたトマト苗よりは若干大きく育っているかも。温室栽培ではないので優秀だ。

Imgp4059

上の写真の状態が。

Imgp4062

今回溶液に空気が混ざるように少し改良した。でも今の状態はいくらかましになった程度におさまっている。

Imgp4063

同時期に植えた四季なりイチゴの状態。今の時期は花ばかりで実は大きくなりません。

Imgp4061

« 今年も本栽培開始 | トップページ | GW無しの私 »

水耕栽培装置の自作と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137631/59616121

この記事へのトラックバック一覧です: 4月の水耕トマト:

« 今年も本栽培開始 | トップページ | GW無しの私 »