« 久しぶりのドームネタ | トップページ | 戦後最高の良書を紹介 »

ドームのつづき

 水耕トマトの方は今のところまるで春先のように新芽が燃えいでていて、今はほとんど収穫はない。花もちらほら咲いているがこれからもう少し葉が大きくなってからが本番になるだろう。そんな状態なのでしばらくそのまま放置して様子見です。

003

この写真はドームの下の部分を解体し、上部二段だけをそのまま自分の土地の方に引っ張ってきたものです。

後ろの畑のトウモロコシと左側の同じほどの高さになっていて押し寄せているのが荒れ地瓜の状態です。すごいでしょう。!!

軽天材の華奢なフレームにこれが巻きついていたのです。あれだけみっちり絡んでいたのにこのフレームにゆがみはありませんでした。重さもけっこうあったと思いますよ。その重さと台風などの風の力を受けていたはずなのですが。

そうそう今年はあの大雪の重さにも耐えた事になりますね。

002

001

一番下の写真が今まで軽天ドームが立っていた場所です。解体した部材が散らばっているだけで元通りになりました。これでこの土地を購入された方もひと安心でしょう。ご心配をかけました、あしからず。

さてと、次はどんなドームを作ってみましょうか。

今までいろいろ検討してきました。木造でも二通りの方法があります。三角のパネルを組み上げていく方法とフレームを作ってそれに外壁を構築する方法です。
一人でしか作業ができない場合を想定していますのでこの場合三角パネルは一枚当たりの重量が重くなり一人で正確に組み上げるのは難しいと判断。私の場合は構造用の木材と金属性のコネクターによる組み上げ方法を選択いたしました。

もしもパネルで構築するとしたら軽いFRP製のパネルを作って組み上げる事にするでしょう。その場合はジヲデシックではなくてラジアルパネルになります。その場合は完全な球体により近くなります。このブログの中でも紹介している天体観測用のドーム構築法がそれにあたります。

006_2

Img_5296

« 久しぶりのドームネタ | トップページ | 戦後最高の良書を紹介 »

ジオデシック ドーム 関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137631/57428343

この記事へのトラックバック一覧です: ドームのつづき:

« 久しぶりのドームネタ | トップページ | 戦後最高の良書を紹介 »