« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年8月

真夏のトマト0808

 しばしご無沙汰でしたとあいさつしなけりゃね。

実は線量計があまりにおかしな数値を出しているので気になっていたら、やはり。

自民党に不利にならぬよう発表を遅らしていたとしか思えぬ東電の発表。それに対してシレッととぼけて今知ったように問題を矮小化して報道するマスコミ。

いやはや、空気も水もみな垂れ流しの実態が明らかに。じっさい白い痰と眼やにに悩まされている毎日。いいかげん政府も東電に任せていないで本気で対処しろよと言わなければならなくなった。

この状態で再稼働はないだろうに。

いくら文句を言っても蛙にションベン。ゆでガエル。

自分の身に問題が降りかかるまで彼等は同じことを行うのみ。本当に頭の悪いやつばかり。東大出もピンキリだが頭の悪い東大出ほどどうにもこうにも成らないものなのだ。

東大出をばかにできる資格を持つ私が言うのだから間違いない。

なんでございます。

そんな事でも言って溜飲を下げるしかない現状。

025

がっかりそしてがっくりしている私とは違ってトマトは元気。この酷暑の中でさらに新しい実を付け育っている。

ただしこの時期トマトにとっての大敵もいろいろ。ヨトウガの幼虫が発生したようで屋根に向かっていた新芽がみな食われて穴だらけ。

それとは裏腹にもう収穫が終わったはずの場所に新たな実が付いている。

古い枝葉が枯れて新芽がふいたり実がついたりおもしろい状況に。トマトは四季成りではないはずだからどういう事なのか分からない。

第一花房に付いた実の写真がこれだ。

027


028


こちらは500グラム越えのトマトがとれた場所だがやはり新しい実が付いている。

026


おかげさまでトマトをいろいろな形で料理して楽しんでいる。これはロールパンにレタスとトマトとベーコンで作ったサンドイッチ。

020


022


これがうまいのなんの、あっという間にみんなに食われた。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »