« 放射線量急上昇中キケン | トップページ | なんでこんなに大きくなったの?0713 »

原発問題と行政の対応に疑問

 今回の放射線量アップの問題ですが本当にこの国の将来を心配せねばならない状況になってきました。

私なりに調べつくした結果、たんなる一部のこの国の権益を持つ役所や官僚の問題ではなくもっと複雑な事情が透けて見えてきました。

今回の事態はおそらく選挙が終わればもっと実態に即した情報が出てくるでしょう。あの極端な高線量状態がおさまり始めた途端,NHKからニュースが出てきました。四日間で井戸から90倍のセシュウムを検出、さらに増加との内容でした。

しかし東電からは当たり障りのない状況説明があっただけで真実は藪の中。あのNHKでさえその説明に疑問を投げかけるような内容でした。

この報道も後で問題が生じた時にほらあの時ちゃんと報道しましたよとのアリバイ作りに放送されたのではと勘繰りたくなる内容で終わりました。

まあ選挙中ですから特定の原発反対勢力に利する内容を報道できないとの政治判断もあるのでしょうが。国民の生命と健康にとっては取り返しのできない状況を作り出してしまった可能性もある事になります。

やはり3.11のあの時と同じなのです。あの時もスピーディーの情報は知らされませんでしたが今回も全く同じこと。

空間線量の急激な上昇はなかった事にされてしまったように思えます。

しかし。しかしです。

問題はそれほど簡単ではありません。

今回の事件の前と後では3.11の前と後で世界が変わってしまったようにわれわれに大きな問題を投げかけてくる恐れが多々ある事を述べて筆を置きます。

今はもう住む世界が違う可能性がぬぐえない事を覚悟してください。

追伸です。

この問題で政府や東電を責めても何もなりません。

もはや国民すべてが現実を直視していかにすべきかを協力し合う段階なのだと申し上げておきます。日本国民すべての問題であり将来あるこどもたちのためにも。いや人類すべてにとっても。

そうしなければ太陽からの火のパブテスマをもって解決しなければならなくなってしまうかもしれませんよ。

« 放射線量急上昇中キケン | トップページ | なんでこんなに大きくなったの?0713 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137631/52433311

この記事へのトラックバック一覧です: 原発問題と行政の対応に疑問:

« 放射線量急上昇中キケン | トップページ | なんでこんなに大きくなったの?0713 »