« いよいよ春本番 | トップページ | トマト成長記録0326 »

トマトの成長

トマトの成長を記録しておく事にしました。

特に本装置と通常の土耕栽培の成長の差を確認しておく事に。

3月16日の状況は次の写真のようにほとんど大きさの差は見られません。

001

次は3月20日の状況になります。

010

次は3月22日の状況です。

005

装置を使い始めてからの6日間の成長の違いがはっきり見て取れます。

これがハイポニカの水耕装置の実力でしょうか。

この装置の最終仕上げとなる表面カバーは20日の日に設置しました。このかばーは発泡スチロールではなくバラバラになりにくいPP発泡材を使用しています。たまたま精密機械の緩衝材として入っていた廃材利用です。

トマトの上にだけ穴をあけて光が当たるようにしてみました。

017 021

012

最後に枯れてそのままにしていたナスの根元に新しい小さな芽が出てきました。これは台木の方なのかナスなのかわかりませんがしばらくそのままにしておく事に。

植物の生命力は本当にすごいと思います。完全に枯れたと思っていたものから新芽が出ているのですから。

« いよいよ春本番 | トップページ | トマト成長記録0326 »

水耕栽培装置の自作と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137631/50890861

この記事へのトラックバック一覧です: トマトの成長:

« いよいよ春本番 | トップページ | トマト成長記録0326 »