« 再出発のトマト栽培 | トップページ | アメリカ発TPP交渉の実態リーク情報 »

ハイポニカ用トマト苗

 さあいよいよ水耕栽培の再開に向けて苗の準備にかかります。

今回はかごを使うのをやめて新方式を試す事にしました。植木鉢の下の穴をふさぐためのネットが売られています。百円ショップで見つけたものです。これを使って装置に固定する事を考えています。

今装置の中に3センチマスぐらいの白いネットが置かれています。これにこの小さなネットを縛り付けて固定してみようと考えています。さてどうなるか。

そのために発芽して双葉がしっかり開いたばかりの新芽を根を切らないように切り分けて丸いネットに根が絡むようにセットします。006

そのまま移せるように下に引いた綿は切り分けておきます。そして置いたネットはどちらが良いかわからないので表と裏に分けておきました。微妙な違いですが。

008

切り分けたものを丸ネットの上に置きます。

009

この状態でハイポニカ液を注ぎます。液のEC値は1.05でした。500倍に薄めた溶液です。500ccの水に1ccのそれぞれの溶液。

011

しなびていた芽がアンプの熱と水分で起き上がりました。

013

残った芽も一応そのまま育てます。

016 017

一日たった状態がこの二枚の写真です。元気に育ちそうです。

« 再出発のトマト栽培 | トップページ | アメリカ発TPP交渉の実態リーク情報 »

水耕栽培装置の自作と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137631/49680787

この記事へのトラックバック一覧です: ハイポニカ用トマト苗:

« 再出発のトマト栽培 | トップページ | アメリカ発TPP交渉の実態リーク情報 »