« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

いよいよEC値測定に

 とうとうコリ症が頭をもたげ液肥の肥料濃度が知りたくなりEC値測定器を購入してしまったのです。私の場合年越しをさせてトマトを果樹のように扱ってみようとしているのでやむを得ずなのです。

 今年の収穫シーズンはもう終わりました。普通はトマトの樹を破棄してしまい翌年あらたに苗を植えて収穫する、それが普通の栽培方法なのです。しかしあたりまえのことをやらないのが私なので、ハイポニカの液肥も素人レベルを若干超えざるを得なくなってしまいました。普通は液肥を継ぎ足し継ぎ足しでなんとか無事に収穫まで持っていけるようにメーカーさんの方で使用濃度を設定してくれているのですが、年越しまでは保障されていないので液肥の濃度を自分で調整しなくてはならなくなったというわけなのです。

008

こうした測定器は身近な家電などとくらべるとそうとうチープに見えるのは私だけでしょうか。放射線測定器とくらべても値段の割に安っぽく見えてしまいます。

しかしその効用は絶大です。この測定器の導入によっていろいろな事がはっきりしてきました。今までかなりあやういオペレーションを行ってきた事があきらかになったのです。

実際、最終的な液肥濃度はEC値で3.5にもなってしまっていました。その測定値を記録したときは夕方で液肥が蒸発と吸収をされて朝の液量の三分の一以下になった時のものです。

朝と夜では水分の蒸発と吸収量によりかなりの濃度変化がある事は想像に難くないのですが、どれほど違ってくるかは勘では全く予想がつきませんでした。それが実に明確になったのです。予想を上回る変化が確認されました。

DIST4というこの計測機 約1万円なりの出費ではありますがこうした栽培を本格的にと思われる方にとっては安い出費かもしれません。それぐらいはっきり数値で分かります。今までの精神的なもやもや感からの解放はありがたいです。

003

写真は初期設定中のもので標準濃度液なるものに浸けて校正をかけているところです。

002

気温が低くなるに従って古くなって葉が枯れ出した枝の間から新しいワキメが出てきました。

次の写真も同じ新しい新芽の写真です。

009

006

EC値をノ-マルに戻したところ白いひげの様な新しい根がこれも急発生してきました。

え!ほんうとなの

えほんとうなの!...ってなんのこと。

実は水耕栽培をもっと確実なものにするため[EC]値を知るための測定器を買う事にしたのですが。その時に放射線測定器の宣伝も目にしました。そこでついでにと購入したというわけです。実はある識者から東京の線量は政府が言う事とは裏腹に増加傾向にあるとの警告を受けていたからなのです。

そこで正確さは必要ないので急な変化があった時警告を出してくれる機能を優先に、そしてできるだけ価格と性能が良いものをと選択したのがこの機器でした。

実績のあるロシア製のRADEX RD1503 を選択しました。この機器を選んだ理由は簡単。電池の寿命が長く(550時間)も持つ事と、前述したアラーム機能がある事です。

開封したのが八日か九日の朝だったでしょうか。電池を入れスイッチを押してみました。言われていた線量とほぼ同じような値で二階にいる私の部屋で0.12μシーベルト/h。まこんなものだろうと思ってそのままスイッチを入れっぱなしで放置。

10日の朝5時ごろまでは何の異常もなかったのですがその後警報音が鳴りっぱなし。値を見ると10日の午後5時ごろでこのような状態。001 

いったい何が起きているのだろうかと心配になりました。

そうこうしているうちに値がどんどん上がり振りきれてしまいました。

003

あまりの事に当惑。いったい何が起きているのか。それとも買ったばかりなのにもうこの機器が壊れたのか。電池を入れ替えたり、入れ間違いが無いか何度も確認したり。

さらには文科省のサイトで新宿あたりの線量を確認。しかしこんな値にはなっていない。全くの正常値が示されている。

後は異常な電磁波の疑いもあるとアルミ箔で被ってみたりといろいろ試してみた。

だが高線量指示は変わらずこれはおかしいと思い機器の異常を疑った。

006

それが11日の事なのですが朝の10時頃は上の写真のとおり。

ときどき振りきれてしまう状況。これはやはり故障だろうと思って交換してもらう準備をしていると線量が下がり始めた。

現在12日、今日は一日警報音をあまり聞かずにすんでいた。007 

しかしである夜になってまた少しづつ線量が増加しつつあるこれはいったい何が原因だろうか。

009

この線量増加が福島原発が原因でないとするといったい何。

思いあたる原因としては北側にある杉並のごみ焼却場の煙。チョット西の多摩川協同組合の焼却場の煙。それぐらいしか思い当たらない。

これががれき焼却の結果だとすると大問題かもしれませんね。

受け入れている自治体に酷い放射線汚染を強いる事になりませんか。日本中を人の住めないところに政府はするおつもりなのか。

私はいろいろ悪い政府関係者のうわさを聞かされていたが、まさかという思いとやっぱりなあという思いが交錯している状況。

日本はいつまでたっても大本営発表か。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »