« 出だし良好(改良版水耕装置) | トップページ | 台風後の状況 »

6月に台風直撃

 いやはや今年はまだ出だしなのに台風の洗礼を受けてしまった。こんなことはあまり日常的に成ってほしくはないですね。太陽の異常が原因か、それとも巷で噂の気象兵器の乱用なのか。分かりませんが勘弁してほしいもの。

愚痴を言ってもしかたがありません。さっそく復旧作業に入ります。

ひもで誘引したトマトの苗は比較的被害が少なかったようです。クリップで止めた物はその止めた場所からぽっきりと。

強風にはやはり「柳に風」と力を受け流す方式が良いようです。ドーム製作でも感じたことですが大きな力に対抗するよう強度を上げるのには限界があり。それよりその力を受け流す柔軟性を持たした方が実際に被害を避ける知恵と言えるかも。何事も。

005

 この状態がこのありさま。下の写真の様に成りました。

025

しばらく様子を見るしかありません。この苗にかんして気になる事があります。やはりF1種のためなのか花が異常に小さいのです。成った実から種を取る事が出来ないように遺伝子操作がなされているのかな。

とりあえずこのまま様子を見る事にしました。

朗報もあります。この風被害にめげずに実が大きくなってきました。

022

029

ナスも一つ食べられる実を結びました。カーネーションは家の中に避難して無事です。

001

004

ナスの実の表面の傷はあの強烈なヒョウのつめ跡です。露地栽培の農家はたまらないですね。

« 出だし良好(改良版水耕装置) | トップページ | 台風後の状況 »

水耕栽培装置の自作と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137631/45739575

この記事へのトラックバック一覧です: 6月に台風直撃:

« 出だし良好(改良版水耕装置) | トップページ | 台風後の状況 »