« いよいよ11月 | トップページ | もうすぐお正月 »

もうすぐ12月

もうすぐ12月になります。はやいですね1年があっという間の様な気がします。今年はあまりに多くの災害があって気が滅入る1年でしたがその中にあってこうした植物を相手にしたり、動物や自然を相手にしているとかなり癒される事を感じています。

私の場合命に対する見方がより敏感にかつ繊細に成ったのかもしれません。猫の額いのような都会の中の小さな庭にくる鳥や虫たちに対しても以前とは違ってともに命をつぐむ同志の様なカンカク?育てたトマトを鳥や虫に取られても全滅させられるほどにならなければよしとしようかなどと。

さて、そんな思いを知ってか知らずか。水耕トマトは現在150個ほどの実をつけております。そんな中で折り曲げられた枝先のトマトが一つ赤くなりました。003

このトマト、もう少し赤くと思っていたら翌日には鳥につつかれていました。やはり冬場はえさが無いのでしょう。夏場のうちは目もくれなかったものなのに。002

台風後の復活の様子です。この後の先日の低気圧でまた被害がありましたがそれがあってもの150個なのです。

015

現在の大きさはこんなもの。いつまで大きく育つのか。

016

018

020 

こんな具合の鈴なり状態になっています。これがたった1本のトマトの樹から成っているわけでやはり驚きです。今となっては手遅れですが装置が小さすぎました。

溶液の容量が小さく毎日のように液肥を継ぎ足す必要が生じています。樹の一番太い根元で5センチを超えようとしているのです。

« いよいよ11月 | トップページ | もうすぐお正月 »

水耕栽培装置の自作と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137631/43101473

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ12月:

« いよいよ11月 | トップページ | もうすぐお正月 »