« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年7月

最大440グラム

今回の栽培で最大になったトマトを収穫。なんと440グラム直径13センチの大物を収穫した。その枝には300グラム越えが4つも成っていたのだからそこだけで軽く1キログラム越えだ。それにしても丈夫なもので驚く。

007

009

このあいだも同じように掌に載せた写真を撮ったが違いが分かるだろうかあまり写真はうまくないので。

011

このトマトは甘みも酸味もしっかりして実においしかった。切り分けたものが家族みんなが十分満足するだけ食べられた。

さらに次々と赤くなるので食べきれなくなりそうな勢いになってきた。じつは今日も5個ほど完熟したものを収穫している。やはり樹で完熟した取り立ては一味違う。

001 006

まだまだ収穫は続きそうだ。今回の方法でも十分水耕装置が大きな役目を果たしている事が分かる。

鉢植えの方はやっと赤くなり始めている。大きさも200グラムぐらいのものだ。

005

それにひきかえ水耕装置の方はもう次の大玉が控えている。

004

さあ収穫だ。

赤くなり始めたなと思ったら3日もすると真っ赤になる。

その第一果を収穫して食べてみた。002 008

少々強風の傷痕があるが見た目はおいしそう。さあどんな味かと食べてみた。

あれっと期待していた味とはちょっと違った。あまりに甘く酸味がない。去年の桃太郎はやたら酸っぱい感じだったのだが。ただの桃太郎とホーム桃太郎の品種の違い。その個性によるものなのだろうか。

チョットその甘さに驚かされた。

011

あちこちで赤くなり始めた。幸いなことに根をいじめて生長が止まっていたがその影響を克服しつつあるようだ。さらに樹が上に伸び始めたようだ。それに伴って液肥の消費も多くなってきた。暑さのせいもあるかもしれないが、明らかに一日10リットル を超えてきた。

004

さらに次の日に一個、その次に二個と赤くなり新鮮で甘くおいしいトマトを楽しんでいる。

020

実際の大きさは寸法ではピンと来ないかもしれないので小さな方を手に乗せてみました。

さらにはマクドナルドのハンバーガーと大きさ比べをしてみました。

007

そうそう、収穫の時間なんですが朝づみと夕方では味が変わります。ご自分の好みに合わせて収穫をされるといいかも。私の経験では朝の方が甘みが強いように思います。

003

005

早朝の朝日に映えるトマトの写真です。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »