« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

小さな実が出来ました。

はや5月も半ばを過ぎ初夏の気温が始まりました。やっと夏野菜の季節になります。トマトにとっては一番すごしやすい季節なのかもしれませんん。

最近の生長の早さは目を見張るようです。鉢植えのトマトも一気に成長を速めております。

さて、水耕装置のトマトはもう小さな実をつけ始めました。花房が5か所になりそこに花が6ッコほど咲いています。この状態で全部が実になるとは思いませんがもしなったらもう30ッコ実がなる事になります。とらぬ狸のなんとやら。。。。

今回は実証実験のつもりなので「ハイポニカの不思議」に書かれている基本になるたけ忠実に進めていくつもりです。ただし、水耕装置の構造はハイポニカの物とは違います。いろいろある装置のいいとこどりをしたものでオリジナルなものとなっております。

003

鉢植えの方も。

002

水耕装置が65センチの背丈に対してワキメを摘んだせいかすっきりと上に伸びだし背丈も55センチと追いついてきました。

水耕装置の方はもうジャングルの様です。本当にこれでいいのかな?

小さな実は次の写真ですが、分かるでしょうか。

004

ついでに玄関のプランターに植えたイチゴの写真。本当はもっとたくさん生っていたのですが妻に先を越されました。いっぱいなっているところを写真に撮りたかったのに。。。。

006 005

★5月限定特価★5/31迄◆超お得な303セット価格◆種や肥料など必要なもの全部セットで、すぐにスタート♪【送料無料】プチ自給自足セット303ホームハイポニカ303とお助け本のセット

★5月限定特価★5/31迄◆超お得な303セット価格◆種や肥料など必要なもの全部セットで、すぐにスタート♪【送料無料】プチ自給自足セット303ホームハイポニカ303とお助け本のセット

販売元:ECOGUERRILLA
楽天市場で詳細を確認する

連休中の生長。

さて、連休中は今回の災害の影響か気力が失せぶらぶらして終わってしまった。

その間植物は順調に育っていく。

まずは5月2日のトマトの状態だ。

002

次は5月の6日の状態。

001

そして5月の10日の状態。

007

こちらのトマトはセオリーに従えばワキメを摘むのだが、ハイポニカ農法では自然の生長にまかせるのだという。めちゃくちゃワキメが出ていてどうなるのやら。

そして注目すべきはもう花芽が出ている。そのうちの一つはかなり大きくなりまもなく花が咲きそうだ。伸ばし放題のワキメにもつぼみができた。

変化の状態は写真の通り。背丈が伸びずに太って大きくなっている。これでいいのかな。ここのところの気温の上昇は一気に成長を速めているような気がする。

ちょっとだけ根の生長がどうなっているのかのぞいてみた。

003

見事に長い根が下にある発泡材の上にまで伸びている。今回は肥料の溶液を連続で噴霧している。前回は間歇式にしたのだがタイマーの不調で乾燥させてしまった失敗があり、そうならないようにためしている。

あまり根を濡れた状態にしていると良くないと土耕栽培では言われている。根ぐされの原因になるという。しかしながら今回は連続噴霧の状態でこれだけ根が伸び成長しているのでこのまま行ってみようと思う。

006

鉢植えのトマトも順調に育ってきている。こちらはセオリーどうりにワキメを摘んでいる。すっきり成長している。でもそれほど縦に伸びていない。

★5月限定特価★5/31迄◆超お得な303セット価格◆種や肥料など必要なもの全部セットで、すぐにスタート♪【送料無料】プチ自給自足セット303ホームハイポニカ303とお助け本のセット ★5月限定特価★5/31迄◆超お得な303セット価格◆種や肥料など必要なもの全部セットで、すぐにスタート♪【送料無料】プチ自給自足セット303ホームハイポニカ303とお助け本のセット

販売元:ECOGUERRILLA
楽天市場で詳細を確認する

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »