« 菅内閣の「嘘」 | トップページ | 連休前の水耕トマト »

生長状態の確認。

006  008

4月10日の鉢植えと水耕栽培装置との差である。

002 001

4月14日の鉢植えと水耕栽培装置の状態。

008_2  006_2

4月16日の状態。この日にとうとう倍近い差になった。

003 001_2

4月17日の朝もう一度測ってみる。一日の生長量が分かると思う。

鉢植えもここにきて順調に成長を続けている。土に植えられているせいか強風に吹かれても葉の傷みがほとんどない。 それに比べると水耕装置の方は下に敷いた防水紙と葉が触れている部分に傷みが出た。

水耕装置の現在の肥料濃度は推奨の500倍濃度ではなく1000倍濃度で与えている。理由は噴霧式に近い形式なので蒸発量が多くなる事を予想し肥料濃度が濃くなりすぎる事を警戒してのことなのです。

いちじるしい差が出ているのは茎の太さで、3ミリ対8ミリの差となっています。風に吹かれて翻弄された後自分を守るために茎を太くしているのでしょうか。植物事態の生命力と言うか適応力には驚かされる事が多いです。

この水耕装置は一応、今のところ大成功と言っていいのかな。

« 菅内閣の「嘘」 | トップページ | 連休前の水耕トマト »

水耕栽培装置の自作と実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137631/39644665

この記事へのトラックバック一覧です: 生長状態の確認。:

« 菅内閣の「嘘」 | トップページ | 連休前の水耕トマト »