« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

くま蜂の襲来

わが家のベランダ菜園に大きな蜂がやってきた。

私は傷んだベランダの鎧戸を塗り替えようと作業をしていた。以前から見かけていた蜂ではあったが今日はいやに接近してくる。私はマルハナバチの一種だと思っていた。

体当たりしたりしてくるのでおかしいなと思っていたら。古くなって立てかけてあった鎧戸の裏に土盛りがあって、どうやら私は知らずに彼らの巣を壊してしまったらしい。

妻が私の頭の上を飛び回る蜂を見て、彼女が今度は飛び上がって家の中に駆け込んだ。

「お父さんその蜂はくま蜂よ!さされたら大変よ」と騒いでいる。私はてっきりマルハナバチだろうと思っていた。それにしては確かにちょっと大きい。3センチ近くもありそうに見える。私は彼らを刺激しないようすきを見て家に入った。

そこで確認のためパソコンを立ち上げネットの情報で。くま蜂の写真を見つけた。「ほんとだ!あいつはくま蜂だ」妻は「ほらごらんなさい私の言うとおりでしょう」と騒いでいる。鎧戸のところにいるときの写真は次のものだ。

011

別のアングルはこんな感じ。

012

大きいでしょう。鎧戸やアルミサッシの枠の大きさからその迫力がお分かりになると思います。あまりに大きくその飛ぶときの音がブンブンと大きいため誤解が生じているようです。この蜂は見た目の迫力とは裏腹に温厚で平和的な蜂であることがネット情報でわかりました。

おすには針がなく刺されることはないそうです。めすは巣を壊されたりすると刺すこともあるようです。私はおとなしくして彼らに逆らわずにいたため攻撃を受けなかったようです。あわてて手で払ったりすると刺されることもあるようです。ご注意あれ。

見た目の怖さからあまりいい写真がネットでみつかりませんでした。

巣を壊したお詫びと彼らの繁栄を願ってかれらはスズメバチ(くまんばち)とちがってこんなに近寄っても大丈夫だよと接近写真を載せておきます。002

003_2

花の蜜を集めているくま蜂です。

皆さん生き物と仲良くしましょうね。

今年のベランダ菜園

今年もベランダ菜園に挑戦だ。

去年はトマトに挑戦した。収穫は十分に納得いくまではいかず、むしろほとんどないに等しいと言った方がいいのかもしれないがそれでもけっこう楽しめたのだ。

 そんなわけで懲りもせず今年は3種類のトマトとナスを1本。それから去年から育てていたイチゴのプランターを2階のベランダに持ってきた。今年は春先気温が低かったために3月ごろから花がたくさん咲いたが実にならなかった。ところがしばらく暖かい日が続くと一気に実が膨らみ始めた。これは少しおいしいイチゴにありつけそうだ。

まずはこんな具合にベランダに苗を置いた。

001

改装中なので少々雑然としています。なすはこんなぐあい、下の写真です。

002

つづいてトマトはこんなもんです。今回は去年と同じ桃太郎とミニトマトそしておおだま。名前を忘れた。

004

イチゴはこんな具合になってます。

006

005

なにか不思議なわくわく感はどこから来るのでしょう。人間本来こうしたものと共生して生きていくのが幸せなのではないかと。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »