« 10mドーム用コネクター(底辺用) | トップページ | 6mドームの12号台風対策(カバー作り) »

台風通過の影響は!

台風11号が接近してきたころ。夕方の5時頃に電話がありました。
ドームが飛ばされそうで怖いです。テープで留めただけですよね、一枚はがされてばたばたしていますとの報告。
取る物もとりあえず現場に向かうことにしました。

現地までは約80キロほどあるでしょうか。神奈川に近いこちらの方はもう風もほとんどなく茨城の方に向かうに従い少し雨足が強くなりました。しかし行けども行けどもたいして風は強くなりません。台風もどんどん北上して行っているようです。

ドーム自体の強度はそれほど心配していませんでした。しかし張り付けたシートは最後の一枚がドームの下で固定し天頂部を越えて反対の基底部で固定しただけ。つまり細長い大きなタコ状態になるわけです。その面積いっぱいに風をはらんだときどれぐらいの破壊力になるかチョット分かりません。あれこれ創造しながら現地に到着しました。

到着したときはもう風も雨もほとんどありませんでした。それが次の写真です。

Simgp06811

確かに最後に張ったシートがずれて底辺部分に三角形の隙間が出来ています。風の強いときはこの一枚が相当暴れたのではないでしょうか。周りを回って他の部分を見て回りました。他には何の異常も見られません。フレーム自体は折れたり曲がったりもありません。破れたところの拡大ですが、もともとシートを張ったときに隙間が出来てその部分にパッチを当ててテープでごまかしていた部分です。予想より遙かに異常がありません。拡大写真が次です。

Simgp0682

三角の口が開きその下にくしゃくしゃになって地面に落ちているのがパッチを当てたシートです。剥がれ落ちたのはそれだけのようです。フレームも真っ直ぐになっているのが写って見えています。そこで中に入って見ることにしました。それが次の写真。中に入って他の部分を見ても何も異常がありません。予想以上の強度がこの華奢なフレームにあることが分かります。

Imgp0689

これだけの変化しかないことに逆にホントに風が吹いたのと疑問が出てしまいます。風でたとえフレームがつぶれても飛び散ったりしないように各角ごとに90センチもの長さのペグを打ち込んであります。そのペグのゆるみも見えません。そこでとりあえずずれた最後のシートを広げ剥がれたパッチをフレームに挟み込み修理完了。お隣に挨拶して帰ってきました。

Simgp0688

確かに最後のシートは風をはらんで暴れてしまいます。それを防ぐ方法を思いつきました。シート両側にひもを通せるようにしてドームの表面からシートの端がめくれ上がらないようにする予定です。とりあえずこのドームは台風11号の洗礼を受けたことになりました。ドームは強し.....かな。

DIY道具事典 決定版―電動工具・手工具の選び方使いこなし術完全ガイド (Gakken Mook DIY SERIES) Book DIY道具事典 決定版―電動工具・手工具の選び方使いこなし術完全ガイド (Gakken Mook DIY SERIES)

販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 10mドーム用コネクター(底辺用) | トップページ | 6mドームの12号台風対策(カバー作り) »

ジオデシック ドーム 関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137631/31196374

この記事へのトラックバック一覧です: 台風通過の影響は!:

« 10mドーム用コネクター(底辺用) | トップページ | 6mドームの12号台風対策(カバー作り) »