« 新しい(農)について | トップページ | 新型コネクター3種 »

コネクター材みっけた!

皆さん朗報です。

ドーム制作で一番大変なのがこのコネクター接続部。意外な事実に遭遇しました。

 じつはシングルバーを使うことを考えたとき、とうぜん同じ軽天材の中にコネクターに使える材料を探していました。今回のものは幅がシングルバーと全く同じ25mm幅で出来ている振れ止め材とよばれているものです。私は当然のことながら同じ寸法故にシングルバーの中に入らないと思っていたのです。ところがこの軽天材ぺなちゃんなんですね。1mmぐらい簡単に広がっちゃうんです。また広げる力がちょうど好い抵抗になります。返しをそこに当てるとさらにしっかり止まります。その部分が下の写真Imgp0423
 上がシングルバーで下が振れ止め材の先端を加工したもの。シングルバーの方はストッパーのエンボスと振れ止め材の返し部分を押し下げる穴を開けてあります。この材料は厚みが1mmとシングルバーの倍の厚みがあります。その為一度カチッとはまるともう抜けません。そこではずすための穴を開けました。細いドライバーを差し込んで返しを押し下げてはずします。

 両端をこの方式に作った3本をまん中でボルトなどで止めます。それが下の写真。板金作業がほとんどなくなります。ただしベビーサンダーが使えないとむずかしいかも。あるいはジグソウの金属用の刃を利用する手もあるでしょう。なんと言っても安くて簡単に、それもしっかりした強度のあるコネクタの完成です。Simgp0431


Simgp0430

 この出来たコネクターにシングルバーをはめてみました。すごくスムーズです私が板金で作ったものは堅かったり緩かったりばらつきが出ましたがこれはほとんど同じ感じではまります。やはり機械加工された物は違いますねこれですよこれ。最初から分かっていれば苦労しなかったのに。

Simgp0427
Simgp0426

 これで6角用コネクターが多くなる5/8タイプのドームやさらに規模の大きいドームも簡単に製作可能になりました。いろいろやってみるものですね。まさかこんな形でコネクターの完成形が出来るとは。5角形用はちょとこのままの方法では出来ないのですが、わすが6個作ればよいのでそう大きな問題ではありません。底辺用の4方向タイプもこれはいいですね。

 最初に作った端を羽子板状につぶしてそこに穴を開ける方法、これも捨てがたいのはコネクターという余分な部品がいらない最大の利点があります。このタイプは丸パイプを構造材に使うとき強度的にも楽になる利点があります。今回コネクタータイプにこだわったのは女性一人でも作れるようにしたかったのです。また軽天材の軽くて高い強度を保つため端をつぶしたくなかったことにも理由があります。実際のドームを一部造り強度の違いをテストいたします。

 今後の目標は実際のドームのコネクターによる構築と立体裁断による軽い外皮の製作になります。今回ホントに思ったのがなんでもあたまの中だけで考えていてはダメだと言うことでしょうか。実際に行動することから道が拓けて行くのだなーとつくづく思ったことでした。

 

崖の上のポニョ [DVD]DVD崖の上のポニョ [DVD]


販売元:ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

発売日:2009/07/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 新しい(農)について | トップページ | 新型コネクター3種 »

ジオデシック ドーム 関連情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1137631/30367567

この記事へのトラックバック一覧です: コネクター材みっけた!:

« 新しい(農)について | トップページ | 新型コネクター3種 »